先週は、目をそらしてはいけない、世の中に隠された、できれば知りたくなかったようなお話をしました。

食料」「エネルギー」「」という、ぼくらが生きるためにもっとも必要なところに、巧妙に入り込んでいる不都合な真実について少しくらいはお伝えできたかと思います(でも、あれはあくまで一部です)。

すでに「耳タコ」状態かもしれませんが、そこには疑いようもなく現代の「マネーシステム」が深く介在しています。

現代人の生活すべてに浸透している「マネーシステム」に縛られて、支配されて、気づかぬうちに〝不自由なまま〟生きるのか?
それとも、そうした「マネーシステム」から少しでも距離を置いて、〝真の自由〟を目指して生きるのか?

〝真の自由〟を目指した生き方とは、自分らしく生きるために、健康的で安心できる暮らしを営むために、なにかに大きく依存するのをやめて、「他人の支配下から、自分の人生を取り戻すこと」にほかならないからです。

 

●真の自由の扉を開く、とっておきの発想転換

いよいよ、《Independent Design》の真髄をお伝えします!

それは、「消費者」から「生産者」へ、
あるいは「視聴者や読者」から「発信者」へのシフトチェンジです。
この態度は、モノや情報の単なる〝受け取り手〟からの卒業でもあります。

つまり、自ら何かを作り、生み出す〝クリエイター〟や〝表現者〟になること
四角大輔用語だと「アーティストになる」ということ^ ^

このシフトチェンジで得られるもっとも大きな恩恵は、「インプットの質が高まる」という点。

「モノを創り、情報を発信する立場」、つまり〝アウトプットする立場〟でいると、自ずとそこにこだわりや愛着が生まれ、〝良い・悪い〟を判断する「確かな目」が養われます。

単なる「消費者」であるよりも、「生産者」となることで、情報を得る際やモノを買う際により厳しい視点でそれらを精査し、「よくない情報やモノ」を取り入れないようにする高いリテラシーと取捨選択能力が身につくのです。

たとえば、ぼくで言うとこんな感じです。

野菜や果物を育てる→誰よりも厳しく、生鮮食品の生産地や生産方法をチェックする眼を持つことができるようになった
アウトドアブランドやエシカルアパレルの衣類をプロデュース→服を買う際、その素材や作り方に関してのこだわりは、必然的に高いものになった
文章を書き、写真や動画を撮って発信→偏った情報が一方的に押しつけられるテレビや新聞には一切触れなくなった。スマホの画面を目的もなく惰性的に見たりすることもゼロに

「受け身でメディアに接する」というムダな時間がほとんどなくなった結果、自然と、本当に興味のある記事だけを深掘りして読んだり、高いインスピレーションを与えてくれるインスタグラマーや、信頼できる情報を発信するツイッター賢者だけをチェックしたり、心から読みたいと思う記事や書籍、観たいと思う映画や映像作品だけに触れるようになっています。

つまり、あなたの〝命の同義〟である、「時間」「お金」「労力」を本当に価値のあるモノや情報のために費やせるのです。

このシフトチェンジで、「システム側の人間」の思考をより理解できるようになります。
その結果、システム搾取からの防御方法を身につけることもできるのです。

厳しい言い方かもしれませんが、一方的にモノや情報を受け取るだけの「消費者&受信者オンリー」の立場にいる限り、現代社会のラットレースから抜け出すことは永遠にできません。

そして、次のフェーズにステップアップすることもできないでしょう。