先週は、「Less is More」、そして「Less is Beautiful」という、人生をより豊かにするもっとも基本的な考え方をお伝えしました。

今週は、ぼくの「オーガニック思想」についてお話しします。



●メイド・イン・アース(Made on the Earth)

「私たちは自然を所有しているわけではない。大地に所属しているだけ」

これはニュージーランド先住民マオリの言葉で、ぼくら人間は、多種多様な生物の中の一つの種にすぎず、あくまでも自然の一部

そして、ぼくらの肉体はすべて、大地に存在する成分で構成された「地球産100%の有機体」です。


ただし現代ではどうがんばっても、添加物農薬ダイオキシン放射能など、外から入ってくるケミカル物質がたくさん存在します。

そのため、心身と大地をむしばむケミカルを
①できる限り入れないように努める
②できる限りちゃんと排出(デトックス)する
必要があります。

これまで何度か言ってきたように、有機体である肉体を可能な限りピュアに保つためには、「食品ノイズ」「大気ノイズ」「飲料水ノイズ」「情報ノイズ」を、できる限りブロック防御する必要があります。

情報被曝過度の精神的ストレスの廻避。

シンプルで清潔な居住空の維持。
早寝早起き適度な運動の継続。
食べ過ぎない植物性中心の食事。
といった、「本来の人間らしい生き方」を営むことで、あなたの「ライフスタイル・インフラ=生活習慣」は整い、心身の抵抗力や免疫力、そして再生力と排出力を高められます。


つまり、ウイルスや病原菌などをブロックし、ガン細胞や内臓炎症など抑え、ケミカルなどの「肉体ノイズ」をしっかりデトックスできるようになるということ。


そして、「体」が整えば、必然的に「メンタル」が安定します

(ここのメンバーであれば、「先に整えべきは、心ではなく身体」は耳にタコですよね☺️*精神を整える手法は抽象度が高く難易度が高いが、体の健康法は立証・確立されている上にやり方が具体的だから)


さらに、「思考ノイズ」除去もでき、高い集中力を長時間持続できるようになり、高次のクリエイティビティを手にできるようになります。

日々のパフォーマンスや表現のアウトプットもどんどん向上し、それに比例して「仕事の生産性」がアップ。結果、「クオリティ・オブ・ライフ」や「幸福度」も高まっていきます。


つまり、いいことばかり😊

オーガニックライフがもたらす、もっとも大きな利点。
それは、身体はもちろん「思考がクリアになり、マインドまでもが整う」こと。


「肉体ノイズ」と「思考ノイズ」が減ることで、自然と、自身の意識が「頭」から、「体の真ん中(胸やお腹のあたり)」に下りてくるようになり、社会の動乱や他人の「愛のない意見」に振り回されたりせず、ドンと構えることができるようになります。

つまり、どんなことが起きても慌てたり、動揺したり、怒ったり、パニックを起こしたりせず、常に「平静平穏平和」でいられるマインドを手にできるようになるのです。

ぼくは、その状態こそが「マインドフルネスに生きること」だと考えています。

「オーガニックライフは、きれいごとではない。実利がある」
ぼくがいつもいつも、こう言う理由はそこにあるのです。



 

●ぼくたちは、自然の一部


「自然こそが、もっともノイズレスな存在」

これはぼくの持論であり、もっとも多くの場面で発信しているメッセージ。

地球上でもっともピュアでノイズレスな存在である「自然」とつながることで、マインドがさらに整います。

そして、

自然を感じる」「自然の中に入っていく」「自然に触れる」「自然に感謝する」「自然の産物をいただく(=食べる)」といった形でちゃんと自然とつながり続けさせすれば、あなた自身の純度を高く維持することができるのです。

「純度が高まる」=「自分らしさが際立つ」と言えますよね。

つまり、ぼくが口すっぱく言い続けている「自分90%でも120%でもない、自分100%」の状態に近づけるということ。


改めて言います。
ぼくたち人間が、美しい自然の中にいるときに感じるあの独特で本能的な心地よさは、「本来、自分たちが自然の一部」であるからこそ。

だから、Camper(=オンラインサロンメンバー)のみなさんには、この大切なことを決して忘れずに生きて欲しいのです。

「今、目の前にある豊かさとは何か」。

繰り返し述べてきた、このメッセージ。

この豊かさの真髄、本当の幸せとは、「この地球という母なる星が、人間を生かしてくれている事実にただただ感謝できること」にある、とぼくは考えています。

そして、この愛おしい地球を守り続けるために、偉大なる自然(グレートネイチャー)との共生を目指し、世界中の先住民たちの言葉にある「5代、7代先の子孫の未来に向けて健全な環境を維持していく」ために……
どうすれば、ぼくたちはオーガニックに、サステナブル(持続可能)に生きられるか?

ここでは、そんな生き方に必須といえる、【自然とつながる3つのサイクル】について、一緒に考えていきましょう!



 

【自然とつながるための3つのサイクル】



1. 自分の中にある「自然」とつながる

前述の通り、あなた自身が「自然の一部」であり、「有機体」そのものです。

オーガニックに生きる最初の一歩は、
「自分の中にある自然(=インナーネイチャー)」とつながることです。

そのための第一歩は、実は簡単に踏み出せます。
それは、「自分は自然の一部である」と意識すること(誰にでもできる😉)。


そのときに大切なのは、「感謝の気持ち」を忘れないこと。

ちなみに、マインドフルネス(メディテーション)をする際に、この「自然への感謝」「生かされていることへの感謝」を心で唱えながら行うと、深い瞑想状態に入りやすいです。

人間は一人で生きていくことはできません。
他の人たち、多種多様な生物たち、地球そのものがないと生存は不可能です。

つまり、ぼくら人間は、地球という大きな生命体の「細胞のひとつ」ということ。

「他の細胞(生き物)」を傷つけることは、自身を傷つける行為と同じ。
言い方を変えると、健康を傷つけることは、地球を傷つけることになります。これは、「体に悪いことはすべて、環境にも悪い」という事実が証明していますね。

だからまず、

有機体である自分の体(インナーネイチャー)と、大自然(グレートネイチャー)両方への感謝の気持ちを持って、「かけがえのない自然があること自体ありがたい。そして自分はその自然の一部か。なんとありがたいことか」と意識してみてほしいのです。

目を閉じてそう思うだけで、いつどこにいても、瞬間的にマインドフルネス状態に入ることができます。

すると、
「他の細胞(生物や環境)を傷つけることは、自分の人生そのものを脅かすことにつながる」と、頭ではなく、で、感覚で、で、わかるようになります。

それができたら、次はインナーネイチャーと向き合ってみほう。

それには2ステップありますが、もうみなさんおわかりですね☺️

1:体や心にノイズとなるものをなるべく避けて、自身の心と体の純度を高める
2:できる限り、自然を感じ、自然に触れ、自然に入って行く時間を多く持つ

そうすることで、本当の意味で「自分自身(=インナーネイチャー)」と「外の自然(=グレートネイチャー)」がつながります。

すると、自分自身が大自然の一部である事実を、より明確に思い出せる(魂の記憶や集合無意識にアクセスするイメージ!)ようになるのです。

ちなみに、「Down to Earth」という言葉は聞いたことがあるでしょう。

もし、あなたが「You are down-to-earth」と言われたら、シチュエーションによって3つの意味に変化します。

①「あなたは、地に足がついている=現実的だ or 舞い上がっていない」

②「あなたは、大地に根を張って生きてる=自然と共に生きている」

③「あなたは、自分らしい=自分自身とつながっている」


この言葉の「Earth」には、グレートネイチャーとインナーネイチャー両方の意味が含まれているのです。


 

2.太陽のリズムとともに生きる

次のステップでは太陽を意識して生きてみましょう。
グレートネイチャーとインナーネイチャーの「2つの自然のリズム」は、太陽とともにあります。

その最適な方法は、「早寝早起き」の実践です。簡単ですね(๑′ᴗ‵๑)

ぼくの1日は、太陽が登る少し前からはじまる。
起きたら白湯を飲み、朝陽を全身で浴びながらヨガ
そして、人間の集中力がもっとも高まる午前中に頭を使う仕事をし、午後は体を動かしたり人とコミュニケーションする(オンラインミーティングなど)時間に。
夕方、太陽が沈むと、肉体労働も知的労働もやめキャンドルのみで過ごして、遅くとも21〜22時には寝ます(冬だともっと早くなる)。

…..東京にいると、どうしても遅くなるけど.....💦

森の中で暮らしていると、日の出ともに「森と野生動物が目覚める」のを肌で感じます。
そして、自分の「野性(=本来の自分)」の目覚めにも気付けるようになります。

そうやって太陽のリズムで過ごすと、体と心がみるみる健康になっていきます。
そしてどんどんと、自然の一部としての本来の野性を取り戻せるようにもなります。

その結果、地球に生きる生物としての本能が高まり、暮らしそものものがマインドフルネス状態となってゆくのです。生活そのものが「動的メディテーション化」すると言えばわかりやすいでしょう。

さらに、心と体が整って毎日の生活に平穏が訪れ、仕事のパフォーマンスと生産性が高まることは、言うまでもありません😃

今の社会は、電気の過剰使用により、24時間活動できるようになっています。
しかし、太陽のリズムを無視し続けると、精神的ストレスと脳疲労、肉体疲労がたまり、心身の乱れに直結してしまいます。

仕事上、どうしても夜に働かざるを得ない方もいると思います。

その場合でも、やむを得ない日以外は、太陽リズムで生活するようにしてみてください。
それだけでも、ぜんぜん違ってきます(レコード会社時代のぼくがそうでした。ぼくの体で証明できたので信じて❗️)。

ほぼ毎日、昼と夜が逆転してしまう仕事をされている方は、ぜひ期限を決めてみてください。

ぼくの経験上、できれば1年以内に、最長でも2〜3年がくらいに抑えてほしいです。もしそれ以上になる場合は、仕事を変えることを真剣に検討してみていただきたいです(心と体が壊れる前に……🙏)。

まずは、朝陽をあびて体内時計をリセット。
夜は明るい蛍光灯の刺激を避けて、小さな間接照明やキャンドルを活用するなどして照度を下げ、早めに布団に入るように努めてください。もちろん、スマホをベッドには持ち込まず、寝室以外で充電すること(さらに、寝る1時間前からは絶対禁止‼️→理想は2〜3時間前)。

この気持ちよさを一度知ると、元の生活に戻れなくなります。
太陽の力を借りて、ぜひ本来の自分に備わっている野性のパワーを取り戻してほしい!と心から願います。


そして言い方を変えると、太陽というグレートネイチャーの力を借りて、「あなたの野性を取り戻す」とは、「あなたのインナーネイチャーを目覚めさせる」ことを意味します。

つまり、大自然の力を借りて「あなた自身を取り戻す」ことであり、それは同時に「あなた自身が大自然とつながる」行為にもなるのです。


 

3.有機体として食物連鎖や再利用のサイクルの中で生きる

最後のステップは、「命のサイクル」の中で生きること。

ぼくがニュージーランドで営む、自給自足の森の生活では、食事で出る植物性の生ゴミは、すべてミミズコンポストに入れ、魚の食べられない部分は(ぼくは肉は食べないので)は腐葉土コンポストに入れて、畑の重要な堆肥にしています。


そして、そこから作り出される豊穣な土で育った、野菜や果物をいただいています。

このように、日々の営みを自然のサイクルに乗せて生活をしています。

ちなみに、紙は冬の暖炉の火付けとして活用。
プラ、瓶、缶、段ボールは街のリサイクルに出します。
ぼくが呼吸で出すCO2は、敷地内のが酸素に戻してくれます。

つまり、できる限り地球環境に負荷をかけない低消費なサーキュラーライフ(循環的な生活)を心がけているということ。
(有機物はすべて自分で食べるか土に還す。無機物はすべてリサイクルに回す)

これは、「あらゆる命を無駄にしない」ということでもあります。
(食べものだけでなく、モノも、大地の成分でできた地球産の大切な「命」です)

身の回りのものすべてが命の循環に乗り、新しい恵みとして生まれ変わりまた還ってくる

自然とつながる意識を持ち、「命のサイクル」という営みの中に身を置いてしばらくすると、この感覚を手にするようになれます。

そうやって暮らしていると、「ノイズレスで美しい自然を、できる限り高純度のまま保ちたい」という思いが、より強くなります。

その感覚をより深く自分の中にインストールできると、自然の偉大さと、自然がもたらしてくれる豊かさを全身で味わい、心の底からさらに深く感謝できるようになります。

そうすると、自身のインナーネイチャーと、外のグレートネイチャーをより強く結びつけられるようになるのです。


そうなると不思議なことに、「どうでもいいモノやサービス」にお金を使わなくなり、「どうでもいい人」と付き合わなくなり、「どうでもいいこと」に時間を使わなくなります。

つまり「もっと、もっと」というニセの欲望が永遠に拡大し続ける無間地獄から精神的に抜け出せるようになるということ☺️


結果、「今、目の前の小さな豊かさ」をさらに感謝できるようになり、日々の生活がマインドフルネス状態となってゆくのです。

なお、ぼくは、バイオ下水しかないニュージーランドの湖畔だけでなく、高度な処理能力の下水を誇る東京にいる時でも、石鹸や洗剤等は基本使わないか、すべて自然に還るものを使います。
世界トップクラスの日本の高い技術によって処理されたあとの下水もまた、へ、へ、大地へ戻されるからです。

ぜひ、今いる場所で、今日からやれることに挑戦してみてください。

自然分解されるものを使う
リサイクル分別を細かく完璧にやる

ベランダでハーブ栽培をしてみる
コンポストで生ゴミを処理してみる →Camperの@ゆいぴ/たいら由以子 さんがやってる「2020 FRaU エシカルアワードを受賞した〈ローカルフードサイクリング・コンポスト〉がおススメ!ぼくも実際に使っていてアンバサダーも務めてまーす

https://lfc-compost.jp/productlist

商品一覧 | LFCコンポスト

LFCコンポストの商品一覧ページです。家庭のベランダで毎日の生ごみを堆肥(土の栄養)に変えるLFCコンポスト。独自の配合基材など20年以上の実績で生ごみや悪臭をスピーディに減らします。堆肥から美味しい野菜を育てる食循環を体験しませんか。

lfc-compost.jp



……など、小さなできることから始めてみましょう!




===================

いかがだったでしょうか?

・なぜ、ぼくが常々、なるべくオーガニックな食材にこだわりっているのか?
・なぜ、原生林の湖畔で日本の里山的な暮らしを営んでいるのか?

ご理解していただけたと思います。

ぼくがニュージーランドの森で実践していて、ここLSD.Campでは何度も口にする「パーマカルチャー」。

( @よし/熊谷芳明 が主宰する「パーマカルチャー部」をぜひ! https://lifestyledesign.camp/groups/27e9b51b9503/blogs )


これは、自然の恵みを最大限に活かして、オーガニックでサスティナブルな暮らしを究極する、もっともクリエイティブな知恵の集合体です。

しかし、いきなり「大自然の中に引っ越して、完全なパーマカルチャーを実践しよう!」なんてことは、ぼくは言いません。

「オーガニックでサステイナブルなライフスタイルは、いつでも、どこでも、小さなところからスタートできる」

ただ、ぼくはそう言いたいだけ。

本質的な意味で、自然とつながるオーガニックな生き方は、小さな一歩からはじまります。言い方を変えると、「小さな一歩を踏み出せない人に、大きなことができるわけない」のです。


それが、後の大きなライフスタイルシフトへつながり、社会を変えることに直結してゆくとぼくは思っています。

これもぼくがいつも言うことですが、もっとも身近な大自然は「空」です。

どんな大都会であっても、ビル街であっても、外に出て真上を見上げると、そこにもっとも偉大な大自然である空がいつも存在していることを確認できます。

都市空間にいて、閉塞感におそわれたときは、必ず外に出て、深呼吸しながら空を見上げるようにしてみてください。

空を見上げると誰もがホッとし、心拍数は安定し、気持ちは落ち着くもの。
その瞬間自体が、立派なマインドフルネスタイムにもなります🌏

もうひとつ。
たとえアスファルトで固められていても、ぼくらの足元には、偉大なる「大地」があることも忘れないようにしてほしいです。

空と大地の存在に感謝し、思わず大きく呼吸をしているときこそ、人は深い無心状態(つまりマインドフルネス状態)に入ります。そして、その時こそ、あなたの意識が「あなた自身」とつながっている瞬間なのです。

ぜひ、「より自然に近づける暮らし方をデザインする」という意識を持ちながら、暮らし、働いてほしいと思います。


最後に。

「オーガニックが普通じゃなくなったのはここ80年くらいの最近のこと。環境も農園も食事も身体も、本来はすべてがオーガニックだった」というあたり前の事実をお伝えして、今回を締めたいと思います。

共に、穏やかに自分らしく、自由自在に、マインドフルネスに生きていきましょう!

※6月30日(水)に、オーガニック先進国ドイツの大学院で学術的にオーガニックを学んだ専門家であり、社会活動家のレムケなつこさんにお願いして、オーガニック講座を開催してもらうことになったので、この機会にぜひ参加してください。彼女は、ぼくが最も信頼する友人の一人で、毎年ドイツ山奥のビオホテル(オーガニックリトリート)でツアーをやっていた同志でもあります☺️なっちゃんありがとう🙏





【今週のワーク】


1.食べる瞑想で「自然に感謝する」を実践してみてください!
食事は自然と繋がることのできる行為です。
食べるときに、目で見て、鼻で香って、食感を楽しみ、咀嚼音に耳を傾け、ゆっくり味わいながら、食べ物に感謝を向けてみましょう。
自分でお料理する方は、食材をじっくり観察して、感触を確かめ、好奇心や愛情を向けながらお料理をしてみてください。
いつもの食事と違いはありましたか?感じたことがあれば、ぜひシェアしてください!

2.早寝することを目標に1日をデザインして、その通りに過ごしてみてください!
いつもより1時間早く眠ることを意識しながら、行動を選択してみましょう。
カフェイン、デジタルデバイス、夕食は何時までに終わらせればいいでしょうか?
適度な疲労感を生むくらい、十分な身体活動はできそうでしょうか?
夜は何時から照明を落とせば良さそうでしょうか?
22時までに寝るリズムを手に入れるため、まずは1日やってみましょう。
1日目ができたら、2日目、3日目と続けてみて、できれば1週間、取り組んでみてください。そして体の変化などをシェアしてください。
早寝早起きの習慣が付いている方は、ぜひ、どのような工夫をしているかシェアしてください!
(朝活部 部長 @まっちゃん/松本夕也  いかがでしょうか?)

3.恒例のフリースタイル投稿!
1〜2をすっ飛ばして、ぼくの投稿を読んだ感想や「ひとことコメント」も大歓迎です!



ワーク監修:アーユルヴェーダ部部長 @あみ/土中 杏美 さん