Camperのみなさん、おはようございます!


今年も、来年も、再来年も、温暖化が改善されるまでしばらくは、過去に起きたことのない規模の自然災害が起こることを想定し、しっかり備えておきましょう。
そして、個々にやれること、成長依存に陥ったシステム自体を変えるために、引き続き行動を続けましょう。


さて先週は、
「暮らし方」や「ライフテーマ」を中心に「働き方」をデザインすることの大切さと向き合ってもらいましたね。

今週は、働き方を考えるときのキーポイントを2つお伝えします。
1:今の仕事を好きになること
2:好きなことを仕事にすること

早速ですが、このような2人の人についてイメージしてみてください。
好きではない仕事を我慢しながら嫌々やっている人
仕事が楽しくて、いつもワクワクして働いている人

どちらがいい仕事をすると思いますか?
間違いなく、
「後者」ですよね。

どんなに高学歴でIQが高くても
「我慢しながら仕事をしている人」は、「情熱を持ち、心から喜びを感じながら働ける人」には敵いません。


ぼくはこのことをレコード会社時代から言い続けてきましたが、いよいよ「〝我慢〟は〝好き〟に勝てない時代」がやってきたのです👏


多くの日本人が、「我慢=努力」「我慢=尊いこと」と考えます。
もちろん努力は美しい!でも
「我慢しすぎ」は、人からクリエイティビティを奪います

ぼくは常々、
「大自然と人間が創り出すものは同じくらい美しく、〝努力する人間の姿〟は自然より美しい」と思っています。


ただ、「努力と我慢は違う」。

今日は、この言葉をしっかり刻み込んでください。


そして......

「儲かるらしいから」「流行ってるから」

「褒められるから」「偉いと思われるから」

「目立ちたいから」「あいつに勝てるから」

といった
根拠のない外部情報安っぽい打算損得勘定に頭を支配され、自分の心に嘘をつき続ける。


そんな「本質的でない薄っぺらなモチベーション(=ニセモノの衝動)」でも、化石燃料を燃やすガソリンエンジンのように〝瞬間的な爆発力〟を発揮することはあります。
ですが、決して長続きしないのです。何度でも言います。今の時代も、これからもずっと「持続可能じゃないことはすべて無意味である」と。

そして、
自分のライフテーマに沿わない「仕事/働き方」は、空しく、無意味な生き方に直結してしまうと言い切っていいでしょう。


C.jpeg 407.16 KB

Photo by Shotaro KATO








現代は、社会が急速に変化し続け、成功や幸せの既定路線がつかみづらい時代と言われます。
しかし、そもそも幸せになる一定の方法なんてあるのでしょうか?

成功は、他人のモノサシや外部基準ではなく、あくまで自分軸、つまり自身の心で決めるものです。つまり、正解はないということ。
これは、いつの時代も変わらない絶対的な真理。

化石燃料を燃やした後に排出される大量の排気ガスは、大気と大地を汚し、人間の健康に害を及ぼします。


それと同じで、
「ニセモノの衝動」をエネルギーとする瞬間的な頑張りは、さまざまな〝害や毒〟をあなたの心身にもたらします。

さらに結果として、家族や仲間やパートナー、友人や周りの人たちにも、大きな迷惑となるのです。


そして、一瞬の爆発力のあとは、どうしようもない空虚感や無力感をうえつけます。場合によっては「再起不能にさせられるほど」に、です。振り回された周りの人間も疲弊します。


その結果、
「精神的にも肉体的にも疲れやすい生き方」となり、仕事のパフォーマンスが著しく低下してしまいます。

一方、
再生可能エネルギーによる電気モーターのように、静かなペースで途切れることなく続けることを目指しましょう。

そして、あなたの持続可能な活動の原動力は「好き」という再生可能なモチベーションなのです。

もちろん、周りにも害をまき散らしません✌️

「進む先にあるまったく見えない未来を信じられる」
「ずっと学び続けられ、誰に何と言われようと最後までやり通せる」
これができるのは、「好き」のモチベーションがあってこそです。

そんな静かで安定的な「モーター」のように、体と心のパフォーマンスを常にいい状態に保ち、気分ややる気のアップダウンを小さく抑えてフラットに維持する。

周りに迷惑もかけず、仲間の協力も得つつ、確実に前進する。

「好き」というモチベーションを原動力とするなら、誰もが「サステナブルな努力」を続けられます。




そう。

この考え方は、〈LifestyleDesign.CampLSD.Camp〉のメインメッセージである〈Long Slow Distance=LSD思考〉と完全に合致するのです。

もちろん〝体内に埋め込まれている電気モーター〟にもメンテナンスが必要です。
ただ、電気自動車のモーターとはガソリンエンジンとは違い、部品が少なく構造がシンプルなため、故障リスクは低くて、メンテナンスは最低限のもので大丈夫。

そんな
モーターが起動すると、人はキラキラと輝き始めます(決して「ギラギラ」ではない☺️)


その結果、あなたの存在自体が、まわりにポジティブな影響を与えることにもなるのです。

しつこく繰り返します✌️
これからの時代は、
「続かないものは何の意味はない」のです。
キーワードはあくまで
「持続可能」。この言葉は環境問題だけに当てはまるわけでないのです。

その鍵を握る「継続のモチベーション」に欠かせないものは、
1、
「今の仕事を好きになること」
2、
「好きなことを仕事にすること」
です。

今週は、この2つを実現する方法をお届けします。
ぼくが日頃から口を酸っぱくして言っている「今の時代に必要な〝持続可能〟なスタイル」を手にする具体的な技術や思考法です。


A.jpeg 281.53 KB

Photo by Shotaro KATO