みなさん、おはようございます!

今週も四角式「人生デザイン学メソッド&ワーク」いってみましょう✌️
今週はかなり細かいノウハウを解説するので、長くなります!


先週は、
好きなことを仕事にする前に、「まずは今の仕事でいいパフォーマンスを出すことの大切さ」についてお伝えしました。

そのもっとも効果的な方法は
「今の仕事を好きになる/楽しむ」ことしかありません。
なぜなら、人間含む哺乳類の脳と体がそういう仕組みになっているからです。

先史時代の祖先の「働く」とは、「食べるための狩猟や採集」「暮らしの営み」でした。
そして、その「働くこと」すべてが、楽しかったのです。すべての「働き」に喜びがあり、脳内では「報酬系」と呼ばれる「心地よさ」が刺激される領域が活性化していたのです。

「なぜ?」と考えるのは愚問でしょう。
なぜなら、「食べるために働くこと」と「暮らしの営み」のすべてが、「食欲や排泄欲」「睡眠欲や性欲」といった、「生きるため・種を残すため」に必須の本能的な欲求と同じくらいが、「楽しい/気持ちいい」からです。
人類250万年という長大な歴史のなかで、これら「脳を喜ばせたい」という根源的な欲求を満たすべく生きる、という生命プログラムがDNAの奥深くにインストールされたのです。

ちなみに、現在の野生動物たち——悲しいことに恐ろしいスピードで数が激減し、種が絶滅していますが——も当然、同じ原理原則(生命プログラム)に従って生きていることは言うまでもありません。

動物のドキュメンタリーで観たことがあるでしょう。動物の子どもたちは、遊びを通して狩りを覚えるのです。うちの庭の湖に暮らす水鳥たちは毎年子を産みますが、その子たちが水草を食べる方法を最初に覚えるのは、「大好きな親がやってることの真似をしたい」と思うからです。

ちなみに、人間や動物の脳には「ミラーニューロン」という機能があり——特に赤子や幼児期に活発に働くのですが——親や周りの大人がやってることの「真似をすることが楽しい!」という働きをします。

先の水鳥の子たちが、潜っては水草を加えて浮上している姿を観察していると、キャッキャッ鳴きながら歓喜していることがよくわかります。「食べるため」じゃなく「おもしろい!」と思っているのでしょう。
そしてこのことは、我が子モンキチ(昨日で生後9ヵ月!)を見ていてもそのことはよくわかります。ぼくの動作を真似しているときに、楽しそうなこと楽しそうなこと(最近では「パチパチパチ(拍手)」と「バイバイ」にハマって、人間や野鳥に関係なく手を振りまくってる・笑)。

しかし、人類は約1万年前に「農耕」を発明した後か、定住して農業労働に従事し始めます。そして、朝から夜まで、子供から老人までがずっと畑仕事に縛られるようになります。
「食料を確実に確保できる」という安心感を得る代わりに、「楽しかった狩猟採集」をやめてしまったのです。
これが、「楽しかった仕事」が「単なる労働」になった最初の一歩です。

これは、ぼくがニュージーランドの湖畔の森で「狩猟採集×農業」のハイブリッド自給自足ライフを12年送ってきてよくわかります。
魚釣りという狩り、潮干狩りや森での採集は「楽しくて楽しくで、いまだに100%遊び✌️」ですが、畑と果樹園の管理は——もちろんいまだに大好❣️ですが——ときどき「しんどいな」と思うときがあるからです。

その後、どんどん「働くこと」が喜びに繋がらなくなり、200年前の産業革命を経てからは、「労働」どころか「苦役」のようになってしまいました。
ぼくは、
人生をかけて「働くことは本来楽しいはずだ」という原点を伝えたいと思い、執筆や表現活動をしてきました。そして、LSD.Campではその想いを全開で伝えています。


さて、話を現代に戻しましょう。

今の所属先や職場で「好きだと思えること」や「やってみたいこと」を任せてもらえるようになるためにはどんなことが必要でしょうか。

1:どの業界や職種でも通用するビジネスマナーとベーシックスキルを身につけること
2:仕事に対する考え方、取り組み方をポジティブに変えること
この2つが求められるのです。


逆の言い方をすると……

「まともなビジネスマナーなし、基本的な業務スキルもなし、しかもネガティブ思考で仕事をしている人」に、大事な仕事を任せたいと思いますか???

ならないですよね(笑)。ぼくだったら、目も合わせたくなくなる(笑)

まずやるべきことは、
せまい業界や社内でしか通用しない無意味なジョーシキではなく、どこでも通用する、時代にも左右されない美しき「ベーシックマナー」を身につけること。

長い歴史をもつ、日本人独特の美意識をベースとしたマナーや儀礼的精神は、世界中で通用するどころか、今や賞賛されます。
この事実は、高校時代にアメリカに1年留学し、その後つねに海外との接点を持ち続け、65ヶ国以上を訪れ、ニュージーランドに長年暮らすぼくが保証します。
特に、欧州とニュージーランドの20〜30代は、日本人の「控えめさ」や「繊細さ」を本気でリスペクトしてくれます。最近では、40代でもそういう人がいます。

そして、
あらゆる職種や業界で通用する「ベーシックスキル」を(スケジューリング、タスク管理、基本的なメール術、コミュニケーション能力など)、サボらずにしっかりと習得しましょう。

これらを会得し、実行できて初めて、上司や周りの人、会社、そして社会はあなたを信頼するようになります。

結果、よりいい仕事、やりがいのある仕事を任せてくれるようになり、あなた自身をより高いレベルへ引き上げてくれるのです。
(ぼくの経験上、それはまるで「自動的に引き上げられる」感覚‼️)

1.jpeg 1.52 MB

Photo by Takuya TOMIMATSU








【自分らしい仕事をつかむ「前向きな誠意と姿勢」】



ぼくはレコード会社時代に、
音楽ビジネスの基礎の基礎であるレコード店営業を、入社から2年間、みっちり丁寧にやりました。
そのおかげで最も基本的な「ビジネスマナー」を身につけることができました。

次に
地道さと粘り強さを要する宣伝の仕事、「メディアプロモーター」を3年ほどやりながら……、〝何でも屋兼ウルトラ雑用係〟ともいえる「アシスタントプロデューサー」として、1000本ノックを受け続け「ベーシックスキル」を鍛え抜いたのです。


このベーシックスキルを身につける期間を、別の言葉で表現するならば、ズバリ「見習い期間」です。この重要な「見習い期間」をバカにする者、適当に過ごす者は、その後ずっと何10年と苦労することになるでしょう。

なお、ぼくの「見習い期間」は、入社から5年間続きましたが、これは今の時代にはマッチしないと思っています。


昔は「10年は修行すべし」なんて言う人がたくさんいたけれど…💦

間違いなく今は、社会構造が違うし、成熟期にあるデジタルテクノロジーがあります。


「見習い期間」は、長くても3年と考えましょう。

あまり長期間続けてしまうと「何でも屋」「便利屋」としていいように使われてしまうようになって社会人人生を終えてしまうからです。

ただし、最低1年間は必要だと思っておいてください。