先月は、貨幣経済やエネルギー支配など、不合理な社会システムから距離を置く、依存しない生き方がテーマでした。
その中で、「なぜ現代こそアーティストとして生きるべきか」についても、お話ししました。

現代社会を動かしているシステムは、そのほとんどが不自然さを伴っています。

それを嘆き悲しみ、ネガティブに生きたり、攻撃的に反応したりするのか。
あるいは、そんな理不尽な世界から少しでも距離を置き、インディペンデントに生きられたとしても、心の平穏さを持てなければ意味はありません。

 

イライラして怒りながら生きるのか、真の心の自由を目指して安らかに生きるのか。
どちらを選ぶかはあなた自身です。

今月の《Mindfuluness Design》では、人生を決める、「心と意識のあり方」について、より深く見ていきたいと思います。