みなさんこんにちは!

以前、学長からの投稿オーガニックリトリートの最高峰!南ドイツのビオホテルTANNERHOF♪

でご紹介したリトリートツアーに参加された奈良大輔さんよりツアーのレポートが届きました!

素敵な写真とともに、レポートを読んでいるだけでもとても心が癒されます。。。

みなさん、ごゆっくりお楽しみください!


--------------------

究極のリトリート体験@タンナーホフ

2018年7月14日(土)〜21日(土)まで、

ドイツでのリトリートツアーに行ってきました!

5日間、ビオホテルのタンナーホフでの滞在は、
オーガニックライフの究極体験でした!

ツアーの感想をまとめていきます。

○タンナーホフホテル、最高だった4つのこと

1.100%オーガニックの美味しい食事
朝と昼はビュッフェ、夜はコース。

サラダ、スープ、パン、チーズ、ミルク、お肉、シリアル、フルーツ、お茶、お酒、全部オーガニックで、美味しい!

オーガニック=全て美味しい、という訳ではないけど、

タンナーホフホテルがセレクトするオーガニック食材は、
素材の味わいが滋味深くしっかりしていて、
鮮度、調理法、最高の状態で提供されていました。

極上の食体験!!

2.細部が全部オーガニック
ベッド、リネン類はオーガニック。
施設の内装や建材も自然素材で、ホテル内を歩いてると、心安らかになる木の香りが漂ってきます。


シャワーやプールの水も、湧水を使用。とことんナチュラルな環境でした。

3.周辺の自然環境が豊か
宿泊した部屋のベランダからは、雄大な山の景色!


ホテルの敷地内の御神木のような大きな木に、ブランコがありましたw

ホテルの敷地内には、馬、アルパカ、鴨など、色々な動物もいました。

ホテルから20分ほど歩いたところに、秘境の川と滝。マイナスイオンで癒されました。

ロープウェイに乗って、山頂までハイキング。

豊かな自然の中に身を置くことで、
都会の生活で溜めたストレスや余分な雑念が浄化され、
身体が自然からのエネルギーをチャージできました。

4.運動環境が整っている
ヨガ、太極拳、水泳のクラスなど。
毎日5つほどのアクティビティが企画されていて、宿泊者は参加無料です。

適度な運動は、身体が喜びます!

○リトリートツアーでの4つの実感・学び・気づき

1.胃腸が軽く、身体が潤った
滞在中は、胃腸の感覚が、とてもすっきりしていました。

・食べ物が自然の力に満ちていて良質なこと
・自然に囲まれてエネルギーをチャージできたこと
・ストレスフリーな状態で時間を過ごせたこと

自分は胃腸が繊細な方で、
日本での日常生活では、量を食べ過ぎたり、ケミカルな物の摂取量が増えたりすると、
胃腸が重い。鼻炎で鼻がつまる。頭がボーッとする。
という状態になりがちです。
それでも、ドイツの滞在中は、
初日は長時間フライトで身体が固かったですが、
すぐに回復して、最高の状態で過ごせました。

また、最終日、
シャワーを浴びながら身体に触ったとき、
いつもと違ってもっちりした感覚がありました。

肌の状態、普段は全く意識したことはないのですが、
湧水のシャワーを毎日浴びたことで、身体が変化していったようです。

2.四角学長のライフスタイルに触れ、自分の将来を考えた
学長のドイツでの過ごし方に刺激を受け、パソコン1台でどこでも仕事ができるライフスタイルを実現させたいという想いが強まりました。

旅をしながら、仕事ができること。
旅をすることが、仕事になること。

今までも、こいうったライフスタイルに憧れはありましたが、
実際に体現している人と長い時間を一緒に過ごすことは初めてだったので、
すごく触発受けました。

リトリートツアーだけど、大切な書籍の締め切りと向き合って昼も夜も仕事に励むところ、
渓流ハイキングやプチ登山で、思いっきり自然のパワーをチャージし元気になるところ、
学長が講演で話しているライフスタイルをリアルに体現しているところを見れて良かったですw

将来、自分も同じようなライフスタイルを構築するにはどうするか?
という問いが、自分の中でよりリアルになって、
LSD.campのテーマでもある、依存先を一つ一つ減らしていく取り組みをしっかり進めていこうという気持ちになりました。

3.レムケなつこさんからオーガニックを学び、日常のオーガニック度が徐々に高まっている
なつこさんのオーガニック講座を通じて、
オーガニックは、人(消費者・生産者)、動物、植物、すべての命を幸せにする仕組みという理解が深まりました。

タンナーホフで過ごす中での実感と、
オーガニックの講義を受けて学んだ知識を通じて、
日常にオーガニックを取り入れる意識がかなり高まりました。

帰国してから、
オーガニックコットンの衣類、ベッドシーツ、まくらカバーを購入したり、
日々選ぶ食材や調味料も、オーガニックの割合を増やしています。

4.家族と価値観の共有&最高の思い出ができた
今回のリトリートツアー、妻と参加したのですが、
生活の中にオーガニックを取り入れようという価値観を夫婦として共有できました。

オーガニックの商品は、通常の商品と比べて、
値段が高かったり、購入できる場所が限られていたりしています。(特に日本では!)
それでもあえて、なるべくオーガニックを選ぼう!という価値観を、
お互いが近いレベルで共有していることは、
夫婦でスムーズに理想のライフスタイルを築いていくことにつながっています。

また、私たちは結婚して2年目で、去年新婚旅行にも行ってきたのですが、
今回のリトリートツアーも、第2の新婚旅行のような位置付けとして、
一生の思い出になるような体験を共有できました。

人生で一番若い瞬間は今で、
若い時の思い出や体験って、歳を重ねるごとに輝いていくので、
印象的な体験をなるべくたくさん積み重ねていけるよう、
これからも家族で旅ができたらいいなと思いました。

以上です。

タンナーホフでの滞在は、究極のリトリート体験。

最高の状態を1週間体験したから、
それで人生が大きく変わる!というわけではありません。

それでも、最高の状態を体験したからこそ、
日常を、習慣を、少しでもその基準に近づけて行こうという気持ちが生まれています。

理想に向かって、一歩一歩着実に変化していっている。
自分にとって、そんな実感を得られたリトリートツアーでした。

参加してよかったです!
ありがとうございました!

------------------

奈良さん!たくさんの写真とともに、ツアーの様子がわかる記事をありがとうございました!!

心の底から、「今すぐ行きたい~!!!!」と叫ぶ、みなさんの声が今にも聞こえてきそうです。笑

急にドイツまで行かなくても、日本にいても、身体を動かす時間を増やしたり、外食を減らしたり、少しずつ自分の心と安らかな身体を取り戻す時間がつくれたら、毎日の生活が豊かになっていきそうですね♪

今回のツアーに興味を持たれた方は、ぜひ奈良さんにお会いした際はお話をうかがってみましょう^^

レポートには書ききれないほどの体験が、他にもあったかもしれませんね✨