昨日、クラブハウスで

 @まゆ/神崎万友美 さんのゴミのお話を聴いた。 

いやー面白かった!!

何が面白いって、まゆさんが笑。


まゆさんは、

自分の好きとか楽しいとかに敏感に動いてる。

だから、いろんなところに興味が行ってる。


そして話を聴いてたら、


捉え所のない点と点が

どこかで繋がる瞬間があって。


それがとてもおもしろかった。


そして「ゴミ」という環境問題みたいに思える話の奥に、まゆさんの気持ちや人生が、細かい糸のようにリンクして織りなされてる。


その様が面白かった。




ということで、そんな

\点と点が繋がった瞬間 その1〜!!! /




まゆさんのゴミに対する思いの原点。


台風の後の川に落ちてたゴミを拾った時に、

ぜ、全身が喜んでる!!!!

と感じたという強烈な原体験。



そして今、まゆさんの関心が向いてる

ゴミに再び価値を持たせるということ。



「ゴミ拾いに感動を覚えたまゆさん」

「ゴミに新たな価値を与えたい!!

と思うまゆさん。」


どっちがより、

まゆさんの心動かされる部分なんだろう?


私は最初、

そんな風に思いながらお話を聴いていた。




でも最初の原体験の奥に、「社会」という巨大な何かの中で、派遣切りにあいながらも自分自身に価値を見出そうと頑張っていた、まゆさんがいたことを知った。


その後、十分過ぎるキャリアを重ねた後でも


自分は価値がない人間なんじゃないか。


どこかで、そんな風に感じるまゆさんがいた。



そんな想いをどこかに持ちながら、まゆさんは近隣で少しのゴミ拾うという作業を細々とやり始めた。


そんなある日、台風のあと水が引けた川辺で、引っかかってるゴミたちを見つけた時に


あ、あったーーーー!!!!


と、ずっと探していたものにやっと出会えたような、そんな感覚に襲われた。

そして、そんな宝物みたいなゴミを拾いながら、自分がしっかりとその瞬間に存在しているような、

自分の心も身体も

全身で喜んでいるのを感じた。




まゆさんは優しい。


だから

拾ったゴミも悪者にしたくない。


ちゃんと価値がある。

と意味づけしてあげたいと思う。


それはきっと、

自分には価値がないのかも。

そう感じたことのあるまゆさんだから。


だから

地球の手助けをしながら、

同時に

ゴミだってちゃんと価値がある。

と自分の手で意味付けできることは、まゆさんにとって最高にクリエイティブで、やりがいがあって何より楽しいものなんだと思う。


その行為は、巡り巡って

まゆさんが自分自身にも価値を感じられる。

そんな行為なのかもしれない。


だから、

ゴミを拾うことも

そのゴミに再び価値を与えること

まゆさんの中では一つの行為。


まゆさん自身も喜ぶし、地球も喜ぶ。

まゆさんにとっては最高に心躍ること。

言葉にまとめようとしたら、まゆさんの放つあちこちに散らばった素敵なエネルギーを薄めてしまう気がしてしまうけれど、


それでも


ゴミを有効に使えるゴミ処理場を作りたい!!


と息巻くまゆさんの話を聴きながら、そんな離れてた点と点が繋がった時、


うわー!!最高に面白い!!!
ゴミ人間とえんとつ町(=ゴミ処理場)

やー!!!

(※完全に誤解釈w)


そう繋がって、1人興奮してたのでした笑。




点と点が繋がった瞬間その2〜!!!|/


まゆさんが各地でいろんな人を驚かせたりしながら、全国にゴミを求めて突撃していく様は、


おもしろロードムービーみたいで

最高に面白い。

「私、
漂着ゴミが多い場所を

さがしてるんです✨✨!!」


って言いながら、目を輝かせて彷徨ってる女の子が目の前に現れたら、


クレイジー過ぎて面白すぎる!!



実際、いく先々で


地元の人に感謝されたり

一緒に考えてくれる人がいたり

手伝ってくれようとする人がいたり。

その先で、小さな出会いや交流が生まれる。


それは、「ゴミ」というものに磁石みたいに吸い寄せられて、子どものように心の惹かれるままに嬉々としてウロチョロ彷徨ってる、ちょっと変わった女の子に、


周りの人が

-おっ、おう、、。
-そういや、自分もこのままで地球は大丈夫なのかなってのは、ちょっと気にはなってたんだよな、、。


などと、驚きながらも感化されていってしまう。


その瞬間を想像すると、

なんとも言えず最高に面白い。

これは最高な褒め言葉なんですが、そんなことが起こってしまうのは、まゆさんがゴミに対して純粋にバカになれるから。


だから、その

混じりだけのない純粋すぎるエネルギーに

いろんなおもしろいことが起こってくる。

(⚠️ @学長/四角大輔 も「バカなやつほど強い」というけど、私にとってもバカは最高の褒め言葉です。)


でも一方で、まゆさんのこのブログで書かれた、まゆさんのやりたいこと。




その知識の豊富さと

発想のダイナミックさと緻密さ。

みんなにちゃんと得るものがあって、机上の空論ではなく十分に実現可能で、「ゴミに価値を与えることでゴミを減らしていく」という最終的な目的がきちんと達成されてる。

これは、完全に賢い人のわざ。

これだけのことを思いつく知識と、実際に行動に移す行動力や英語力。

これってまゆさんが左脳で生きて、社会で認められるような自分になろうと外資系の会社でもがいて、頑張った経験を持っているからこそ。


そんな、まゆさんだからこそ思いつくし、実際にメール送ったり行動にも移せる。

そんな風に思考中心で間違った方向に生きてたような道のりが、完全に活かされている。

そう考えたら、また繋がって、

全ては意味があるんだなー。
まゆさんだからこそ、できることだぁー!!

なんて、陳腐なことを思い浮かべながら感動してしまう自分がいた。

そんな風にまゆさんの情熱だけで、繋がっていく点と点。

だけど、ストーリー1と2も何かで 


ぱっきーん!!


と繋がりそうな気がして、自分の中で


うーん、もう少しで何かつながりそう!!!

ともどかしくなる。
(完全に個人的趣味です笑)


まゆさん自身も

「私、とっ散らかってるんだよねー。」

と口にする。

だけど、そんな時に小さい時から悟りの境地にいるような @シゲ/永瀬重徳 さんが、ぼそっとつぶやく。

「とっ散らかってるから

いいんじゃないですかぁ。

とっ散らかってるから

印象に残るんじゃないんじゃないですかぁ?」

「きれいにまとまった話なんて、すっと入ってすっと忘れられちゃいますよ。」


シゲ爺さん、たしかに、、(感服)

ダイヤの原石みたいに、とっ散らかってゴツゴツで、だからこそ歪なエネルギーを放ってる。


まゆさんが楽しそうに、時に真剣にゴミ問題に取り組んだり、キムチを作ったり、ミミズコンポストにチャレンジしたりサウナに入ったり。


子どもみたいに、削られないままの原石みたいなまゆさんが、ゴロゴロと楽しそうに転がっていくその先に、予想もしないおもしろい形でいつか訪れる、いろんな点と点が繋がる瞬間。


そんな瞬間が訪れるまでの過程を、最高に楽しみにしながら、今のとっ散らかったまゆさんをにやにやと楽しみながら見てたいなぁー。

(なんだ、そのスタンス笑)


そんな風に感じたまゆさんとのお話タイムでした。


#そしてしげさんも、そんなまゆさん顔負けなくらい面白かった!!笑

#おもしろアーティストだらけなCamp